幸吉の復興節│梅ちゃん先生 第24話の感想│電子レンジ&おひとり様 生活

平成24年4月30日(月)

 先日、テレビから流れてきた片岡鶴太郎の歌がひどく心に浸みて、「蒲田復興エーゾエーゾ」の一節が耳に残り、折に触れては口をついて出て来る。その度に目頭が熱くなる。一度聞いただけの歌が、これほど心に浸みたことは、これまでにない。正月に見た映画「山本五十六」のなかで流れた「長岡甚句」の「長岡の~え」と、どこか共通するものがあって、題名さえ知らないはじめて聞いた歌が放置できなくなった。インターネットで「蒲田復興エーゾエーゾ」を検索してみたら、ブログがあって、「帝都復興節」「蒲田復興節」という題名とともに歌詞が出てきた。そこへつながってみたくなった。長男に話したら、ブログにはトラックバック機能があると言う。そこで、ブログを立ち上げてもらい、生まれて初めて投稿してみることにした。昭和19年生まれの私に、ブログ開設を思い立たせたこの歌の底力は何であろうか。すごい歌のように思える。